ヨーロッパの高速鉄道が

発展している

ICE

ICEはドイツを中心に運行されている高速鉄道です。ヨーロッパには魅力的な高速鉄道がたくさん走っていますが、ICEはドイツ鉄道が運行している列車の中でも最上位に位置している種別になります。1991年から運行を開始していて、最高速度は250キロで運行されていましたが、現在では一部の区間で最高速度が300キロにまで向上しています。日本の新幹線、フランスのティージーブイなどと並ぶ、スピード勝負ができる人気の高速鉄道となっています。

工業が盛んなドイツならではの工業技術が結集されて開発・製造が開始されました。1時間に1便以上は運行されているので、思いたったらすぐに乗車することができるのもICEの魅力です。一般車輌以外にもラウンジがあったり、食事をすることができる車輌もあったりと、ヨーロッパの高速鉄道の中でもサービスが行き渡っている特徴があります。従って目的地まで快適な列車の旅を満喫することができます。

海外からの旅行客にも優しい設計となっていて、車輌と車輌との連結部分には旅行客の大きな荷物専用のロッカーなども完備されています。ドイツの景色は素晴らしいので、車窓を眺めながら食事をしながら利用することができる高速鉄道となっています。